岡本芳水(読み)おかもと ほうすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本芳水 おかもと-ほうすい

1876-1959 明治-昭和時代の日本画家。
明治9年12月15日生まれ。京都の菊池芳文に師事する。虎,馬,鹿,花鳥をこのんでえがき,院展,文展に入選をかさねる。代表作は郷里奈良県都介野(つげの)村(都祁(つげ)村)の都祁水分(みまくり)神社直会殿にある雌雄2羽の孔雀(くじゃく)をえがいた襖(ふすま)絵。昭和34年2月27日死去。82歳。名は隆太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android