コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池芳文 きくち ほうぶん

2件 の用語解説(菊池芳文の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

菊池芳文

日本画家。大阪生。本名は三原常次郎。初め滋野芳園を師とし、のち幸野楳嶺に就き、竹内栖鳳・谷口香嶠・都路華香とともに楳嶺門下の四天王に数えられる。近代的な構図や色彩を取り入れた花鳥画で知られ、特に桜の絵を能くした。京都絵専教授。帝室技芸員・文展審査員。大正7年(1918)歿、57才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池芳文 きくち-ほうぶん

1862-1918 明治-大正時代の日本画家。
文久2年9月17日生まれ。四条派の幸野楳嶺(こうの-ばいれい)にまなび,花鳥画にすぐれる。内国絵画共進会などで受賞をかさね,京都画壇で活躍した。文展審査員,京都絵画専門学校教授,帝室技芸員。大正7年1月18日死去。57歳。大坂出身。本姓は三原。本名は常次郎。代表作に「小雨ふる吉野」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の菊池芳文の言及

【菊池契月】より

…旧姓細野,本名完爾。はじめ児玉果亭に南画を学んだが,1896年京都に出て南画家の内海立堂に,ついで四条派の菊池芳文(1862‐1918)に師事した。1906年芳文に認められて女婿となり菊池姓を名乗る。…

【円山四条派】より

… 円山四条派は以後も命脈を保ち,近代日本画の確立に大きな役割を果たした。幕末期活躍した画家に円山派の中島来章(1796‐1871)と四条派の塩川文麟(1808‐77)があり,前者の門に川端玉章が現れ,両者に学んだ幸野楳嶺(ばいれい)(1844‐95)は創作とともに教育に力を尽くし,その門から菊池芳文(1862‐1918),三宅呉嶠(ごきよう)(1864‐1919),竹内栖鳳,谷口香嶠(こうきよう)(1864‐1915)ら逸材が輩出した。円山派の森寛斎(1814‐94)や鈴木百年(1825‐91)・松年(1849‐1918)父子も幕末明治期京都画壇の大家として活躍した。…

【明治・大正時代美術】より

…ただし,この新たな没線(もつせん)描法は揶揄をこめて朦朧(もうろう)体,縹緲(ひようびよう)体と呼ばれた。しかし日本美術院の新美術運動は京都の日本画家に大きな刺激を与え,菊池芳文(1862‐1918),竹内栖鳳,山元春挙(1871‐1933)らも西洋画の写生をとり入れ,日本美術院に呼応して新機運の打開に努めることとなる。また結城素明(1875‐1957),平福百穂,島崎柳塢(りゆうう)(1856‐1938)らは東京で无声会(むせいかい)を結成し(1900),西洋画の写生を研究して自然主義的な新しい日本画をもたらすことになる。…

※「菊池芳文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

菊池芳文の関連キーワード小坂芝田安藤兼吉歌川広重(4代)大竹多気河崎蘭香塩谷武次庄田耕峰高橋捨六山内量平渡辺千春

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菊池芳文の関連情報