院展(読み)インテン

大辞林 第三版の解説

いんてん【院展】

「日本美術院展覧会」の略。日本美術院主催の日本画の公募展。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いん‐てん ヰン‥【院展】

(「日本美術院展覧会」の略) 日本美術院が主催する絵画、彫刻などの展覧会。《季・秋》
※丸善と三越(1920)〈寺田寅彦〉「今の美術界の趨勢は帝展や院展を見なくても幾分は此処だけでも窺はれる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の院展の言及

【日本美術院】より

… 天心の死は門下を奮起させた。大観,観山,木村武山は安田靫彦,今村紫紅,小杉未醒,笹川臨風,斎藤隆三らに図って美術院を立て直し,展覧会を第1回再興院展として開き成功した。彫刻と洋画の部も設けられた。…

※「院展」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

院展の関連情報