コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都祁 つげ

2件 の用語解説(都祁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都祁
つげ

奈良県北部,奈良市南東部の旧村域。大和高原の中部にある。1955年都介野村,針ヶ別所村が合体して発足。2005年奈良市に編入。高原上に茶畑が開け,製茶業が行なわれる。小治田安萬侶(おはりだのやすまろ)の墓(国指定史跡)のほか,来迎寺など国の重要文化財を有する古社寺も多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都祁
つげ

奈良県北東部、山辺(やまべ)郡にあった旧村名(都祁村(むら))。現在は奈良市南東部を占める地域で、大和(やまと)高原(笠置(かさぎ)山地)上の農山村。1955年(昭和30)都介野(つげの)、針ヶ別所の2村が合併して都祁村が成立。2005年(平成17)月ヶ瀬村とともに奈良市に編入された。『和名抄(わみょうしょう)』の都介郷の地で、式内社の都祁水分(みくまり)神社(本殿は国指定重要文化財)、都祁山口神社などの古社がある。水田農業のほか大和茶の主産地で、奈良県農業協同組合(JAならけん)の広域茶流通センターがある。中心集落の針は名阪国道、国道25号、369号の交わる交通の要地で針インターチェンジがある。国指定史跡に小治田安万侶(おはりだのやすまろ)墓があり、南部の香酔(こうずい)山(800メートル)の北麓(ほくろく)には吐山(はやま)スズラン群落(国指定天然記念物)や青少年野外活動センターがある。八柱(やはしら)神社の秋祭に、宮座入りした17歳の男子を中心に演じられる語物芸「題目立(だいもくたて)」は国指定重要無形民俗文化財。[菊地一郎]
 都祁村の表記に関して、1991年10月24日、「祁」の字は左部分が「示()」のものから「ネ()」のものへと変更が行なわれた。[編集部]
『『都介野村史』(1955・都介野村) ▽『都祁村史』全3巻(2005・都祁村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都祁の関連キーワード奈良県大和高田市池田奈良県大和高田市出奈良県大和高田市大谷奈良県大和高田市曽大根奈良県大和高田市南陽町奈良県大和高田市野口奈良県奈良市南市町奈良県大和高田市南今里町奈良県奈良市南中町奈良県大和高田市南本町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

都祁の関連情報