岡部忠蔵(読み)おかべ ちゅうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡部忠蔵 おかべ-ちゅうぞう

1822-1865 幕末の武士。
文政5年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。大番頭(ばんがしら)から文久3年大寄合頭にすすむ。元治(げんじ)元年藩主徳川慶篤(よしあつ)の命をうけ京都にでむき,関白二条斉敬(なりゆき)に攘夷(じょうい)鎖港を進言する。佐幕派の市川三左衛門らによる藩政変革で,幕命により投獄され元治2年1月26日獄死。44歳。名は以忠。通称ははじめ荘八。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android