コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩下貞融 いわした さだあき(さだみち)

美術人名辞典の解説

岩下貞融

江戸後期の国学者。信州善光寺の楽人。本姓滋野、号は桜園・管山、字は会侯、通称は多門。家田大峯・清水浜臣らに学ぶ。慶応3年(1867)歿、67才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩下貞融 いわした-さだあき

1801-1867 江戸時代後期の国学者。
享和元年生まれ。冢田大峯(つかだ-たいほう),清水浜臣らにまなぶ。郷里信濃(しなの)(長野県)の善光寺大勧進別当につかえる。同寺についての初の研究書「善光寺史略」「善光寺別当伝略」などをあらわした。慶応3年9月10日死去。67歳。本姓は滋野。字(あざな)は会侯(のりまろ)。通称は多門。号は桜園,菅山。名は「さだみち」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

岩下貞融

没年:慶応3.9.10(1867.10.7)
生年:享和1(1801)
江戸後期の国学者。姓滋野,通称多門,字会侯,号桜園。信濃善光寺の楽人。清水浜臣の指導を受ける。国学のみならず漢学にも通じ,また善光寺の歴史や古典籍の注釈などにも豊富な知識を有した。国学関係では『天八衢』,漢詩では『桜園雨後』,和歌では『不繋舟』が代表的著作。

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

岩下貞融の関連キーワード岩下桜園

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android