コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多門/多聞 タモン

デジタル大辞泉の解説

た‐もん【多門/多聞】

城の石垣の上に築いた長屋造りの建物。兵器庫と防壁を兼ねる。松永久秀が大和国佐保山に築いた多聞城の形式からの名という。多聞櫓(やぐら)。
本宅の周囲に建てた長屋。
江戸城中の御殿女中が使った下女。2の所へこれらの女たちを置き、用事のあるときに「多門、多門」と呼んだところからこの名があるという。御端(おはした)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の多門/多聞の言及

【升形(桝形)】より

…升形を虎口の内側に設けるのを内升形といい,これが通常の形式で,外側に設ける外升形は数が少ない。升形に二つの門を開き,外に面した一の門を2本の角柱で妻破風造の屋根を支える高麗門(多門)形式とし,より重要で堅固に造られる内側の二の門は,渡り櫓に入母屋造の屋根を載せる櫓門形式で造られるのが通常である。そしてこの二つの門は,必ず直角に配される。…

※「多門/多聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多門/多聞の関連キーワード出来島小ざらし(初代)多門庄左衛門(2代)瀬川菊之丞(5代)瀬川菊之丞(5世)冢田大峯・冢田大峰中村大吉(3代)吉川多門(2)前田陽一(1)宮崎県立美術館吉川多門(1)都城市立美術館E. モリス作屋九兵衛蜂須賀斉裕神谷美恵子太田資始横山政孝服部仲英三浦義質間部詮央

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android