コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冢田大峯 つかだたいほう

5件 の用語解説(冢田大峯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冢田大峯
つかだたいほう

[生]延享2(1745).3.30. 信濃,川中島
[没]天保3(1832).3.21. 名古屋
江戸時代後期の朱子学派の儒学者。名は虎,通称は多門,字は叔貔。 16歳で江戸に出,苦学力行した。 25歳のとき塾を開き,のち尾張藩主徳川宗睦の侍講となった。寛政異学の禁に反対し,亀田鵬斎らとともに五鬼と称された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つかだ‐たいほう【冢田大峯】

[1745~1832]江戸後期の儒学者。信濃の人。名は虎。寛政異学の禁を批判。のち、尾張藩明倫堂督学。著「聖道弁物」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冢田大峯 つかだ-たいほう

1745-1832 江戸時代中期-後期の儒者。
延享2年3月30日生まれ。江戸にでて独学し,私塾雄風館をひらく。天明元年細井平洲を介して名古屋藩主徳川宗睦(むねちか)の侍講となる。寛政異学の禁に対しては上書してきびしく非難。文化8年藩校明倫堂督学についた。天保(てんぽう)3年3月21日死去。88歳。信濃(しなの)(長野県)出身。名は虎。字(あざな)は叔貔(しゅくひ)。通称は多門。著作に「冢註論語」「聖道得門」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

冢田大峯

没年:天保3.3.21(1832.4.21)
生年:延享2.3.30(1745.5.1)
江戸中・後期の儒学者。折衷学派。名は虎,字は叔貔,通称多門。大峯と号す。信濃国水内郡長野村(長野市)の儒医の家に生まれ,宝暦10(1760)年16歳のときに江戸に出て苦学したが師は不明。25歳で私塾を開き,諸家の注を折衷した独自の経典解釈で次第に名声を得た。細井平洲と親交を結び,その関係で天明1(1781)年尾張藩主徳川宗睦の侍講になった(江戸在住)。寛政異学の禁(1790)に際しては,「異学」を唱える者として「五鬼」のひとりに数えられたが,松平定信に敢然と上書してその非を論じ,古学の学問所を別に設置することを提言した。また『滑川談』を出版してその倹約令などを批判して人口に膾炙した。文化8(1811)年名古屋に移って藩校明倫堂の督学となり,学制の改革を進め,自己の学風を広めた。著書は『冢註論語』『冢註六記』『聖道合語』『聖道得門』など多数。<参考文献>高瀬代次郎『冢田大峰

(梅澤秀夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冢田大峯
つかだたいほう
(1745―1832)

江戸後期の儒者。名は虎。通称多門、字(あざな)は叔貔(しゅくひ)。信濃(しなの)の人。室鳩巣(むろきゅうそう)、新井白石(あらいはくせき)に学んだ父旭嶺(きょくれい)(1698―1768)の六男。初め父より程朱学を学んだが、16歳で江戸に出て、定師につかず貧窮のうちに古今の書を参究した。流派をたてずに注釈(ちゅうしゃく)を中心とする客観的な諸経研究に励み、いわゆる「冢田学」と称される業績を残した。儒学史ではしばしば折衷学派の一人に分類される。紀伊藩、尾張(おわり)侯をはじめ多くの武門の子弟を教え、1811年(文化8)尾張藩明倫(めいりん)堂の督学となり、その学政をつかさどった。1790年(寛政2)の寛政(かんせい)異学の禁に対して、上書して激しくその不可を論難したことでも有名である。『大峯文集』6巻、『大峯詩集』4巻ほか多くの注釈書がある。[黒住 真]
『高瀬代次郎著『冢田大峯』(1919・光風館書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冢田大峯の関連キーワード亀田鵬斎白尾荊山塚田大峰越智高洲漢儒折衷学派山子学井田澹泊神野菊叢八田華陽

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone