岩切 章太郎(読み)イワキリ ショウタロウ

20世紀日本人名事典の解説

岩切 章太郎
イワキリ ショウタロウ

昭和期の実業家 元・宮崎交通社長。



生年
明治26(1893)年5月8日

没年
昭和60(1985)年7月16日

出生地
宮崎県宮崎市

学歴〔年〕
東京帝国大学法学部政治学科〔大正9年〕卒

主な受賞名〔年〕
交通文化賞〔昭和29年〕,藍綬褒章〔昭和34年〕,西日本文化賞〔昭和35年〕,勲二等旭日重光章〔昭和46年〕,環境庁長官賞〔昭和53年〕

経歴
大学を出て住友総本店に入社したが、3年半で宮崎に戻り、宮崎回漕合資会社代表社員、宮崎農工銀行監査役などを務めた。大正15年宮崎市街自動車を設立、社長に就任。合併・買収により規模を拡大し、昭和18年宮崎交通と改称。37年に会長になるまで37年余も社長を務め、47年相談役に。その間、サボテン園や“こどものくに”の設立、日南海岸のロードパーク化、えびの高原の開発など、宮崎県ばかりでなく九州、山口の観光浮揚に貢献した。日向中央銀行頭取、宮崎放送会長、全日空取締役のほか宮崎県観光協会会長、宮崎商工会議所会頭、宮崎経営者協会会長などを歴任。没後60年8月宮崎市により岩切章太郎顕彰観光振興基金が設置され、63年岩切章太郎賞が設けられた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

岩切 章太郎 (いわきり しょうたろう)

生年月日:1893年5月8日
昭和時代の実業家。宮崎交通社長;宮崎商工会議所会頭
1985年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩切 章太郎の関連情報