コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩寺里遺跡 がんじりいせきAmsa-ri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩寺里遺跡
がんじりいせき
Amsa-ri

韓国ソウル特別市城東区にある,漢江河畔の新石器時代の集落址。特に櫛目文土器関係の代表的遺跡として古くから知られてきた。 1975年の調査の際,櫛目文土器,無文土器,三国時代の3つの文化層の存在が確認され,櫛目文土器時代の円形,隅丸方形の住居址 11個が発見された。ここから発見される櫛目文土器は,ほとんど尖底あるいは丸底で,胎土に雲母を含むものが多く,また口縁に連続刺突文による文様帯をもつものが多い。石器は打製石斧磨製石鏃などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android