コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛目文土器 くしめもんどき

6件 の用語解説(櫛目文土器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

櫛目文土器
くしめもんどき

櫛歯状の道具で施した沈線文や点列文などの文様をもつ土器の総称。口縁部が水平で,尖底あるいは丸底の単純な形態を基本とする。単に櫛文土器ともいう。ユーラシア大陸の北部森林地帯の新石器時代に発達し,ボルガ川上流から中央ロシアシベリアの南辺,バイカル湖モンゴル高原遼東半島から朝鮮半島にいたるまで広く分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くしめもん‐どき【×櫛目文土器】

中石器新石器時代の土器の一。ユーラシア大陸北部に分布し、櫛歯状のもので幾何学的文様がつけてある。日本の縄文土器にもそれに類するものがあり、また、弥生土器にも似た文様をもつものがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

櫛目文土器【くしめもんどき】

櫛歯状の施文具で幾何学的文様を施した土器。ユーラシア大陸に広く分布し,特に北方ユーラシア森林地帯の新石器時代文化を特徴づける。器形は尖底あるいは丸底の砲弾形が基本的。
→関連項目東三洞遺跡宮滝遺跡弥生時代雄基貝塚

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くしめもんどき【櫛目文土器】

櫛歯状の施文具で文様の施された土器の総称。世界各地の各種時期の土器に認められるが,狭義には北欧から西シベリアにかけて分布する新石器時代の土器,また朝鮮半島の新石器時代の有文土器ないし幾何文土器と呼称されるものを指すのが普通である。西シベリアの沿オビ地域の新石器時代の土器(前4千年紀終末~前3千年紀後半)は,すべて櫛目文を有する丸底土器である。このような器面全体を櫛目文でおおう新石器時代の丸底土器は,エニセイ流域のウニュク遺跡(前4千年紀終末~前3千年紀初頭)やアンガラ上流域のウスチ・ベラヤ遺跡第IIa層(前5千年紀)からも出土している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くしめもんどき【櫛目文土器】

櫛の歯状の道具で文様をつけた土器の総称。ユーラシア大陸北部から朝鮮半島にかけて出土する新石器時代の土器に多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

櫛目文土器
くしめもんどき

北方ユーラシアにおける新石器時代を特徴づける土器。丸底、尖底(せんてい)の深鉢(ふかばち)を基本とし、櫛歯様施文具(くしばようせもんぐ)で各種の文様が施されている。ボルガ川上流やその支流のオカ川流域に出現し、フィンランド、中央ロシア、シベリアに波及した。シベリアではエニセイ川流域のクラスノヤルスク、ミヌシンスク両地域に顕著で、アンガラ地方やバイカル湖にも達する。また、中国東北、朝鮮にも同種の土器があるが、シベリアのそれとの関係は明らかではない。
 朝鮮の櫛目文土器も新石器時代の土器で、丸底、平底の深鉢を基本とし、各種の幾何学文様が施される。石綿、滑石などを胎土(たいど)中に混入するものがある。地域差があり、中国東北地域、鴨緑江(おうりょくこう)流域では平底、他地域では丸底である。編年の基準となる層位的発掘が行われた遺跡には、咸鏡北道(かんきょうほくどう/ハムギョンプクド)屈浦里(くっぽり)の西浦項(せいほこう)貝塚と釜山(ふざん/プサン)広域市の東三洞(とうさんどう)貝塚がある。西浦項貝塚では5期に分けられ、時期が新しくなると雷文(らいもん)が出現したり、終末には無文化する。西部、南部では時期が新しくなると波状点線文がみられる。遺跡は海岸や河岸近くに分布し、貝塚を形成することが多い。狩猟、漁労を主とするが、後半には凸字形石斧(せきふ)、石鎌(いしがま)、石(いしすき)やイノシシの牙(きば)でつくられた鎌などがみられることから雑穀栽培が行われたようである。紀元前7、8世紀ごろに無文土器に変わると考えられる。櫛目文土器は九州の縄文時代前期の曽畑(そばた)式土器成立になんらかの影響を与えたようで、縄文時代における海峡を越えた交流をうかがわせる。[定森秀夫]
『金廷鶴著「幾何学文土器」(『韓国の考古学』所収・1972・河出書房新社) ▽韓炳三著「櫛目文土器」(『世界陶磁全集17 韓国古代』所収・1979・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

櫛目文土器の関連キーワード印花彩文土器縄文縄文土器注口土器無文土器入組文印文土器施文下弓田遺跡

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone