コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無文土器 むもんどき

3件 の用語解説(無文土器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無文土器
むもんどき

朝鮮における先史時代土器の一種。有文土器石器時代の土器であるのに対し,無文土器には青銅器や鉄器などの金属器が伴うことがある。無文土器は地域によって異なった内容をもっている。北西地方を中心として分布するこま形土器,中部以南に分布する孔列土器,粘土帯土器などである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

むもんどき【無文土器】

朝鮮半島における青銅器時代(無文土器時代)の指標となる土器。土器の表面に,櫛目文土器幾何学的文様のような施文がほとんど行われず,無文のものが多いところから,無文土器と呼ぶ。無文土器と総称する土器は,地域や時期によって多様であり,複雑である。無文土器には,粗製でいわゆる狭義の無文土器と,精製の丹塗磨研土器,および黒色磨研土器に大別される。基調をなす狭義の無文土器には,器形でみると,壺,甕,高坏(たかつき),埦(わん),鉢,甑(こしき)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無文土器
むもんどき

朝鮮の青銅器から鉄器時代初期にかけての土器。だいたいが赤褐色無文で、甕(かめ)、壺(つぼ)、高坏(たかつき)、甑(こしき)などがある。丹(に)塗りや黒色の磨研(まけん)土器もみられる。地域差があり、北西部では公貴里(こうきり)型→美松里(びしょうり)型→魯南里(ろなんり)型土器、南部では口縁(こうえん)部が刻目肥厚(きざみめひこう)・有孔(ゆうこう)→粘土紐貼付(ねんどひもはりつけ)と変遷する。西部にはコマ形土器がある。すでに農耕社会に入っており、炭化米も発見されている。日本の弥生(やよい)文化成立に深く関係し、北部九州、山口では弥生土器に伴い粘土紐貼付口縁土器が出土している。[定森秀夫]
『金廷鶴著『無文土器文化』(『韓国の考古学』所収・1972・河出書房新社) ▽尹武炳著『無文土器』(『世界陶磁全集17 韓国古代』所収・1979・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の無文土器の言及

【弥生土器】より

…それは縄文土器の呪術とかかわる煮炊きが終りを告げたことを意味する。また弥生土器の成立にあたって,朝鮮半島の無文土器からの影響を認める人もある。朝鮮の土器が,北部九州など西日本で盛んに見いだされはじめており,近い将来この点についても明らかにされることが期待できる。…

※「無文土器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

無文土器の関連キーワード三時代区分法青銅器青銅器時代金属器時代金海遺跡初期の青銅器と朝鮮系無文土器屈浦里遺跡細竹里遺跡石橋里遺跡茂山虎谷遺跡

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無文土器の関連情報