コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩手県釜石市 かまいし〈し〉

1件 の用語解説(岩手県釜石市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕釜石〈市〉(かまいし〈し〉)


岩手県の南東部にある市。
三陸海岸釜石湾に臨む。かつては製鉄の町として知られた。甲子(かっし)川上流の磁鉄鉱を利用し、1857年(安政4)盛岡藩の藩士大島高任が、日本で初めて洋式高炉による近代製鉄に成功。以後、製鉄所とともに発展してきたが、製鉄所および鉱山の操業縮小・停止により鉱工業生産は大幅に減少。現在は鉄鋼関連のほか水産技術開発などが主力産業である。三陸沖の漁場をひかえ漁業も盛ん。海岸一帯は陸中海岸国立公園に属する景勝地。釜石港南の鎌崎半島に像高48.5メートルの釜石大観音がある。両石(りょういし)湾口の三貫島(さんがんじま)は三貫島オオミズナギドリヒメクロウミツバメ繁殖地として国の天然記念物に指定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩手県釜石市の関連情報