岩橋教章(読み)いわはし のりあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩橋教章 いわはし-のりあき

1835-1883 明治時代の版画家。
天保(てんぽう)6年2月5日生まれ。狩野洞庭に師事し,幕府の軍艦操練所絵図認方となる。明治6年ウィーンに留学,地図製作法や銅・石版画の技術をまなぶ。帰国後大蔵省紙幣寮,内務省地理寮につとめた。明治16年2月4日死去。49歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。本姓木下。号は洞翠。著作に「地理製図式」,作品に「鴨図」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android