コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩粉棚 がんぷんだなrock dust barrier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩粉棚
がんぷんだな
rock dust barrier

坑内爆発の伝播を防止するため,炭鉱の坑道に設けた岩粉を積載する棚。炭鉱では,坑内の作業区域の出入口付近その他必要な個所に,場所に応じて坑道平均横断面 1m2につき 0.4~0.1m3以上の岩粉を積載する岩粉棚を設けなければならない。この岩粉を防爆岩粉と呼び,通常は石灰石の微粉末を用いている。万一坑内爆発が発生すると,そのショックで棚上の岩粉が飛散し坑道が濃厚な岩粉雲で満たされ,爆発の火炎がこれによって冷却され,その伝播が止まる。岩粉は吸湿して固まってしまうと効果がないので,防湿加工した岩粉,あるいは防湿袋に入れた岩粉を使うこともある。岩粉の代りに水を用いてもよい。 (→水棚 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android