岸義人(読み)きし よしと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸義人 きし-よしと

1937- 昭和後期-平成時代の有機化学者。
昭和12年4月13日生まれ。名大助教授をへて,昭和49年ハーバード大教授となる。平成9年米国エーザイ副社長。フグ毒のテトロドトキシン,イワスナギンチャクの毒パリトキシンなどの合成に成功した。昭和55年アメリカ化学会賞。平成11年学士院恩賜賞。13年文化功労者。愛知県出身。名大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岸義人の関連情報