島本 仲道(読み)シマモト ナカミチ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

島本 仲道
シマモト ナカミチ


生年月日
天保4年4月18日(1833年)

出生地
土佐国土佐郡潮江村(高知県)

経歴
土佐藩士。幼時より陽明学を好み、東遊して安井息軒の門に入り、久坂玄瑞らと交わる。土佐勤王党に加わり、文久2年藩主山内豊範上洛の実現に尽力した。3年勤王党の獄にあって終身禁錮となる。維新後許され、松山征討に出陣した。新政府に仕え、兵部権少丞、地方官を経て、司法省に入り、5年司法大丞、さらに大検事、警保頭を兼任。司法卿江藤新平に信頼され、司法制度の改正、新律綱領の制定に尽力した。6年征韓論が敗れ、江藤と共に下野。のち民権運動に従い、14年自由党顧問となり、河野敏鎌の親友として活躍したが、20年保安条例により東京から追放された。多摩困民党顧問も務めた。

没年月日
明治26年1月2日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

島本 仲道 (しまもと なかみち)

生年月日:1833年4月18日
江戸時代;明治時代の高知藩士;政治家
1893年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android