コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津登 しまづ のぼる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津登 しまづ-のぼる

?-? 幕末の武士。
薩摩(さつま)鹿児島藩永吉郷(ながよしごう)領主。島津斉彬(なりあきら)につかえ,琉球大砲船造船掛として昇平丸を完成させる。島津忠義の代に家老となり,戊辰(ぼしん)戦争では秋田方面に転戦。名は久包。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島津登の関連キーワード島津久籌

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android