コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津籌峰 しまづ・ちゅうほう

1件 の用語解説(島津籌峰の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

島津籌峰

没年:明治44.10.9(1911)
生年:文政7.2.7(1824.3.7)
幕末明治期の曹洞宗の尼。諱は越量。伯耆国酒津(鳥取県酒津村)の島津林兵の3女。7歳のとき,自ら釈迦庵(鳥取市の正平寺)の祖倫尼に就いて出家。向学の念やまず,安政3(1856)年には当時高名であった京都養林庵の観光尼に参じ,さらに諸方を行脚して道元の主著『正法眼蔵』の参究に励んだ。のち,指月嶺南の法を嗣ぎ,釈迦庵に帰って住した。多くの修行者を集めて『正法眼蔵』を参究し,また,求めに応じて全国で禅を説いている。

(熊本英人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島津籌峰の関連キーワード釈鼇仙祖心伝翁玉山全英凸巌養益越溪休覚洞山良价駒沢大学了然太巌祖仙智慧諦定

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone