島田 翰(読み)シマダ カン

20世紀日本人名事典の解説

島田 翰
シマダ カン

明治・大正期の書誌学者,漢学者



生年
明治12(1879)年1月2日

没年
大正4(1915)年7月28日

出生地
東京

別名
字=彦禎

学歴〔年〕
東京外国語学校(現・東京外国語大学)支那語学科卒

経歴
早くから中国の書誌学の研究に没頭。伊庭想太郎の塾に学び、外国語学校で宮内大臣田中光顕に認められる。宮内省の秘蔵書(宋・元の古版本や日本の古写本など)を研究、明治38年「古文旧書考」4巻を著わした。漢文で書かれたこの書は中国書誌学の名著とされ、大正4年中国でも刊行され名声を得た。金沢文庫所蔵の古写本「文選集註」を中国に売却して捕えられ、大正4年自殺した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

島田 翰 (しまだ かん)

生年月日:1879年1月2日
明治時代;大正時代の書誌学者
1915年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android