没頭(読み)ボットウ

デジタル大辞泉の解説

ぼっ‐とう【没頭】

[名](スル)一つの事に熱中して他を顧みないこと。「事業に没頭する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼっとう【没頭】

( 名 ) スル
他の事をかえりみず、一つの事だけに熱中すること。 「研究に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼっ‐とう【没頭】

〘名〙 頭をつっこむこと。一つの事に熱中すること。没入
※東西南北(1896)〈与謝野鉄幹〉自序「風塵に没頭する余暇、興を遣り、悶を慰するものは詩歌に候ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

没頭の関連情報