没頭(読み)ぼっとう

精選版 日本国語大辞典「没頭」の解説

ぼっ‐とう【没頭】

〘名〙 頭をつっこむこと。一つの事に熱中すること。没入
※東西南北(1896)〈与謝野鉄幹〉自序「風塵に頭する余暇、興を遣り、を慰するものは詩歌に候ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「没頭」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「没頭」の解説

【没頭】ぼつとう

刎首。一意専心。また、没頭・没脳はわけがわからぬ。〔鶴林玉露、丙六、李杜(熹)云ふ、李白、永王の反するを見て、(すなは)ち之れに從臾(じゆうゆ)す(へつらう)。詩人の沒頭腦、(かく)の如きに至ると。

字通「没」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android