コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川井乙州

美術人名辞典の解説

川井乙州

江戸中期の俳人。大津生。問屋兼伝馬役川井左右衛門の妻智月の弟。のち川井家の養嗣子となる。別号に設楽堂・柎々庵・観桂阪散人、通称は又七・次郎助。はじめ尚白と親交し、のちに芭蕉に師事。智月・妻荷月と共に芭蕉の門人。著に『それぞれ草』等。生歿年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かわい‐おとくに〔かはゐ‐〕【川井乙州】

江戸中期の俳人。近江(おうみ)の人。通称、又七。姓は河合とも。姉の智月、妻の荷月とともに芭蕉の弟子。芭蕉の遺稿笈の小文」を出版。随筆「それぞれ草」。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

川井乙州の関連キーワード小文近江乙州

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android