コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川井乙州

2件 の用語解説(川井乙州の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

川井乙州

江戸中期の俳人。大津生。問屋兼伝馬役川井左右衛門の妻智月の弟。のち川井家の養嗣子となる。別号に設楽堂・柎々庵・観桂阪散人、通称は又七・次郎助。はじめ尚白と親交し、のちに芭蕉に師事。智月・妻荷月と共に芭蕉の門人。著に『それぞれ草』等。生歿年未詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かわい‐おとくに〔かはゐ‐〕【川井乙州】

江戸中期の俳人。近江(おうみ)の人。通称、又七。姓は河合とも。姉の智月、妻の荷月とともに芭蕉の弟子。芭蕉の遺稿「笈の小文」を出版。随筆「それぞれ草」。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川井乙州の関連キーワード金森桂吾舎羅陸雲子岱久伝馬役智月尼伝馬町河合智月帒一江戸廻り伝馬役道中伝馬役

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone