川北霞峰(読み)かわきた かほう

美術人名辞典の解説

川北霞峰

日本画家。京都生。本名源之助。幸野楳嶺・菊地芳文に師事する。文展帝展に活躍、繊麗な中に力強さのある風景画を得意とした。文展特選。帝展推薦・審査員。また20数年にわたり京美工で教鞭を執り、後進の指導にあたった。昭和15年(1940)歿、65才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川北霞峰 かわきた-かほう

1875-1940 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治8年9月21日生まれ。幸野楳嶺(こうの-ばいれい)に,のち菊池芳文(ほうぶん)に師事。明治40年京都市美術工芸学校教諭となり,第1回文展に「晩秋」が入賞。文展,帝展を中心に活躍,帝展審査員となった。昭和15年8月14日死去。66歳。京都出身。本名は源之助。作品はほかに「海辺八題」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android