コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川北霞峰 かわきた かほう

2件 の用語解説(川北霞峰の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

川北霞峰

日本画家。京都生。本名源之助。幸野楳嶺・菊地芳文に師事する。文展・帝展に活躍、繊麗な中に力強さのある風景画を得意とした。文展特選。帝展推薦・審査員。また20数年にわたり京美工で教鞭を執り、後進の指導にあたった。昭和15年(1940)歿、65才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川北霞峰 かわきた-かほう

1875-1940 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治8年9月21日生まれ。幸野楳嶺(こうの-ばいれい)に,のち菊池芳文(ほうぶん)に師事。明治40年京都市美術工芸学校教諭となり,第1回文展に「晩秋」が入賞。文展,帝展を中心に活躍,帝展審査員となった。昭和15年8月14日死去。66歳。京都出身。本名は源之助。作品はほかに「海辺八題」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川北霞峰の関連情報