コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸野楳嶺 こうの ばいれい

8件 の用語解説(幸野楳嶺の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

幸野楳嶺

幕末・明治の四条派の画家。京都生。姓は安田、名は直豊、字は思順、別号に鶯夢・長安堂。初め中島来章、のち塩川文麟に山水画を学ぶ。京都府画学校教師となり、また私塾を開いて後進の指導に尽力。さらに京都青年絵画会・京都私立絵画研究会を組織、新日本画発展に尽力する。帝室技芸員。明治28年(1895)歿、52才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうの‐ばいれい〔カウの‐〕【幸野楳嶺】

[1844~1895]日本画家。京都の生まれ。初号、梅嶺。円山派・四条派に学び、明治の京都画壇の中心的存在となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

幸野楳嶺【こうのばいれい】

日本画家。本名安田直豊。中島来章に円山派を,四条派の塩川文麟に山水画を学んだ。1880年京都府画学校を設立する一方,楳嶺塾を開いて後進の指導にも力を注いだ。門下に竹内栖鳳菊池芳文川合玉堂らがいる。
→関連項目上村松園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幸野楳嶺 こうの-ばいれい

1844-1895 明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)15年3月3日生まれ。中島来章(らいしょう),塩川文麟(ぶんりん)らにまなび,花鳥画を得意とした。明治13年京都府画学校の設立に参加。竹内栖鳳(せいほう),川合玉堂(ぎょくどう),上村松園(しょうえん)らをそだてる。明治28年2月2日死去。52歳。京都出身。本姓は安田。名は直豊。代表作に「帝釈試三獣図」,著作に「百鳥画譜」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

幸野楳嶺

没年:明治28.2.2(1895)
生年:弘化1.3.3(1844.4.20)
明治期の日本画家。京都生まれ。本姓田中,名は直豊,字は思順,幼名角三郎。嘉永5(1852)年中島来章に入門し円山派を学ぶ。明治4(1871)年には塩川文麟に入門して四条派を学び,同10年文麟が没したのちはその一門を率いた。京都府画学校設立に尽力し,13年出仕,翌年退任したのち21年教授,22年教頭となる。また私塾と大成義会を通して竹内栖鳳や菊池芳文,上村松園ら多くの俊秀を輩出。京都画壇の重鎮として,またすぐれた教育者として活躍した。26年帝室技芸員となる。代表作「群魚図」(1876,個人蔵)ほか。

(佐藤道信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうのばいれい【幸野楳嶺】

1844~1895) 日本画家。京都生まれ。京都府画学校創立に参画。門下に竹内栖鳳・川合玉堂らがいる。作品「田家秋景」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幸野楳嶺
こうのばいれい

[生]天保15(1844).3.3. 京都
[没]1895.2.2. 京都
日本画家。本姓は安田,幼名は角三郎のち直豊,字は思順,号は楳嶺,鶴鹿園など。中島来章に円山四条派を,のち塩川文麟に山水画を学んだ。明治維新の頃は貧しかったが,神山鳳陽に漢籍を,中西耕石前田暢堂南画を学んで一家をなした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幸野楳嶺
こうのばいれい
(1844―1895)

日本画家。京都に生まれる。本姓は安田。本名は直豊。字(あざな)は思順。号は楳嶺。別号に鶯夢、長安堂、鶴鹿園などがある。9歳で円山(まるやま)派の中島来章(らいしょう)の門に入り、梅嶺と号した。その後さらに四条派の塩川文麟(ぶんりん)につき、号を楳嶺と改めた。明治維新のころは極貧であったが、漢籍を神山鳳陽に学び、また文人と交わり、中西耕石、前田暢堂に南画を学んで一家をなし、とくに花鳥画を得意とした。1880年(明治13)に望月玉泉(ぎょくせん)らと京都府立画学校を設立し、出仕した。また京都青年絵画研究会、京都美術協会を組織するなど、日本画の発展と後進の指導に尽力した。その門より京都画壇を代表する竹内栖鳳(せいほう)、菊池芳文(ほうぶん)、川合玉堂、都路華香(つじかこう)、上村松園(うえむらしょうえん)らの画家が多数輩出した。93年に帝室技芸員となった。[玉蟲玲子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の幸野楳嶺の言及

【竹内栖鳳】より

…本名恒吉,はじめ棲鳳と号した。京都市中京区の料理屋に生まれ,14歳で土田英林の手ほどきを受けるが,17歳より円山四条派の幸野楳嶺(こうのばいれい)(1844‐95)の門に入って画才を認められ,つねに師と行動を共にする。新古美術会,日本青年絵画共進会,日本絵画協会などに出品して名声をあげ,1889年京都府画学校出仕,99年には京都市立美術工芸学校の教諭に推された。…

【円山四条派】より

… 円山四条派は以後も命脈を保ち,近代日本画の確立に大きな役割を果たした。幕末期活躍した画家に円山派の中島来章(1796‐1871)と四条派の塩川文麟(1808‐77)があり,前者の門に川端玉章が現れ,両者に学んだ幸野楳嶺(ばいれい)(1844‐95)は創作とともに教育に力を尽くし,その門から菊池芳文(1862‐1918),三宅呉嶠(ごきよう)(1864‐1919),竹内栖鳳,谷口香嶠(こうきよう)(1864‐1915)ら逸材が輩出した。円山派の森寛斎(1814‐94)や鈴木百年(1825‐91)・松年(1849‐1918)父子も幕末明治期京都画壇の大家として活躍した。…

※「幸野楳嶺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

幸野楳嶺の関連キーワード田能村直外塩川文鵬鈴木松僊田中月耕田中松斎亭島南洋羽田月洲長谷川玉粹上田星邨小早川好古

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幸野楳嶺の関連情報