コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川又才介 かわまた さいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川又才介 かわまた-さいすけ

1813-1878 幕末-明治時代の武士。
文化10年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩郡吏で尊攘(そんじょう)派として行動。文久3年武田耕雲斎にしたがい京都にいき,藩主の子の徳川昭訓(あきくに)・昭武を補佐する。のち奥羽征討の軍にくわわり,廃藩置県後は水戸徳川家につかえた。明治11年12月10日死去。66歳。本姓は坂場。名は時亮。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川又才介の関連キーワードペグマタイトエジソン(アメリカの発明家)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京(都)おもなお雇い外国人アドネドンケル=クルティウスフォーチュン鉄十字章ドゥーフ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone