川村俊蔵(読み)かわむら しゅんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川村俊蔵 かわむら-しゅんぞう

1927-2003 昭和後期-平成時代の動物社会学者,霊長類学者。
大正13年2月28日生まれ。大阪市立大教授をへて,昭和44年京大霊長類研究所の初代教授。霊長類学創始者のひとりで,ニホンザル社会における「末子優位の法則」を見出し,また「イモ洗い行動」などの文化的行動を世界ではじめて報告した。49年インドネシア・スマトラでの調査を開始。平成15年2月17日死去。78歳。京都出身。京大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川村俊蔵の関連情報