左見右見(読み)とみこうみ

精選版 日本国語大辞典「左見右見」の解説

とみ‐こうみ ‥かうみ【左見右見】

〘名〙 あちらをたり、こちらを見たりするさま。
※伊勢物語(10C前)二一「いづかたに求め行かむと門に出でて、と見かう見みけれど」
[補注]一説に、「み」は互いに相反する二つの事柄を並べて表現するときに付ける接尾語とする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「左見右見」の解説

とみ‐こうみ〔‐かうみ〕【左見右見】

[名](スル)あっちを見たり、こっちを見たりすること。また、あちこち様子をうかがうこと。
「―して貫一は呆るるのみなり」〈紅葉金色夜叉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android