コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左門米造 さもん よねぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

左門米造 さもん-よねぞう

1873-1944 明治-昭和時代前期の在野の科学者。
明治6年生まれ。生地の奈良市で歯科医院を経営するかたわら,動力消防ポンプなどを考案し「町の科学者」とよばれる。大正6年奈良公園でプロペラが機体後方についた自作の複葉機による公開飛行実験をおこない,機体を2mほど浮揚させた。昭和19年9月死去。72歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

左門米造の関連キーワード明治在野

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android