在野(読み)ざいや

精選版 日本国語大辞典「在野」の解説

ざい‐や【在野】

〘名〙
外に居ること。田野の間に住んでいること。〔詩経‐豳風・七月〕
② 公職につかないで民間に居ること。
※江談抄(1111頃)六「在朝野霖雨入殷丁之夢
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「在官の人と在野(ザイヤ)の人は同一の意見を持し候共」 〔書経疏‐大禹謨〕
③ 政党が政権をとらないで、野党の立場にあること。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉犬物語「或は在野の領袖某であらうの甚しきは前将軍であらうのと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「在野」の解説

ざい‐や【在野】

《田野に住むの意から》
公職に就かないで間にいること。「在野の人材」⇔在朝
与党に対して、野党の立場にあること。「在野党」
[類語]無官無位無冠

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「在野」の解説

【在野】ざいや

仕えず、民間にあるもの。〔孟子、万章下〕國(こく)(都)に在るを市井の民と曰ひ、野に在るをの民と曰ふ。皆庶人を謂ふ。

字通「在」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android