複葉機(読み)ふくようき(英語表記)biplane

  • ふくようき フクエフ‥

翻訳|biplane

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

主翼を2枚に分けて上下に配置した翼をもつ飛行機。上下の翼を支柱や張り線で結んで強度を保たせているため、構造的には軽くじょうぶで、かつ機体が小型になるため機敏な運動が行えるという特長がある。しかし、上下の翼の翼面上の圧力分布が干渉しあって揚抗比が低下し、翼面積を必要以上に大きくしなければならず、また空気抵抗が増大する。速度が大きくなるほどこの傾向は強くなるので、高速機に使用することはむずかしい。
 構造や強度の計算や、翼構造の材料の進歩が不十分で、機敏な運動を必要とした第一次世界大戦までは広く使用されたが、現在では曲技競技用としてごく少数が使われているにすぎない。[落合一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

複葉機の関連情報