巧言令色鮮し仁(読み)こうげんれいしょくすくなしじん

ことわざを知る辞典「巧言令色鮮し仁」の解説

巧言令色鮮し仁

口できれいごとをいい、表情をとりつくろってへつらう人には、の心が欠けている。

[解説] 「論語―学而」にみえる孔子のことば。「仁」は、人が人としてもつべき、親しみいつくしむ心をいい、孔子がさまざまなのなかで根本にすえました。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「巧言令色鮮し仁」の解説

こうげんれいしょく【巧言令色】 鮮(すくな)し仁(じん)

(「論語‐学而」にみえる孔子のことば。「子曰、巧言令色鮮矣仁」) ことば巧みで表情をとりつくろっている人は、かえって仁の心が欠けているものだ、の

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「巧言令色鮮し仁」の解説

巧言こうげん令色れいしょくすくなじん

《「論語」学而から》巧みな言葉を用い、表情をとりつくろって人に気に入られようとするには、の心が欠けている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android