コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨泉良珍 こせん りょうちん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨泉良珍 こせん-りょうちん

?-? 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。陸奥(むつ)志田郡(宮城県)の人。伊沢郡水沢(岩手県)正法寺の月泉良印(1319-1400)の法をつぐ。志田郡に万年寺をひらき,正法寺の住持をつとめたのち,万年寺にかえった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android