コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正法寺 ショウボウジ

5件 の用語解説(正法寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうぼう‐じ〔シヤウボフ‐〕【正法寺】

京都市東山区にある時宗国阿派の寺。山号は霊鷲山(りょうじゅせん)、開創は延暦年間(782~806)、開基は最澄(さいちょう)で霊山寺と称した。弘和3年=永徳3年(1383)国阿が入寺して時宗国阿派の本山とし、正法寺と改めた。
岩間寺(いわまでら)の正称。
岩手県奥州市にある曹洞宗の寺。山号は大梅拈華山。開創は正平3年=貞和4年(1348)、開山は無底良韶(むていりょうしょう)。江戸時代に至るまで、永平寺総持寺とともに曹洞宗第3の本寺。奥の正法寺。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

正法寺【しょうぼうじ】

岩手県奥州市水沢区にある曹洞宗の寺。1348年開創,開山は無底良韶(むていりょうしょう)。1350年崇光(すこう)天皇から〈奥羽二州僧録扶桑曹洞第三ノ本寺〉〈両国寺院出世道場〉とする綸旨(りんじ)を得て,永平(えいへい)寺総持(そうじ)寺と並ぶ東北地方における第三の本寺となった。
→関連項目水沢[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

正法寺

埼玉県東松山市にある寺院。718年創建。真言宗智山派。本尊は千手観世音菩薩

正法寺

滋賀県大津市にある寺院。創建は722年。宗派は真言宗醍醐派、本尊は千手観音。通称、岩間寺。雷除け、ぼけ封じの寺として信仰を集める。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうぼうじ【正法寺】

京都市東山区にある時宗の寺。山号、霊鷲山りようじゆぜん。延暦年間(782~806)最澄の創建。一四世紀後期、国阿が中興。
大津市石山の岩間寺いわまでらの正称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

正法寺の関連キーワード宝厳寺八坂京都華頂大学祇園社光触寺国阿双林寺大雲院養源院京都四條南座

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正法寺の関連情報