コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正法寺 ショウボウジ

デジタル大辞泉の解説

しょうぼう‐じ〔シヤウボフ‐〕【正法寺】

京都市東山区にある時宗国阿派の寺。山号は霊鷲山(りょうじゅせん)、開創は延暦年間(782~806)、開基は最澄(さいちょう)霊山寺と称した。弘和3年=永徳3年(1383)国阿が入寺して時宗国阿派の本山とし、正法寺と改めた。
岩間寺(いわまでら)の正称。
岩手県奥州市にある曹洞宗の寺。山号は大梅拈華山。開創は正平3年=貞和4年(1348)、開山は無底良韶(むていりょうしょう)。江戸時代に至るまで、永平寺総持寺とともに曹洞宗第3の本寺。奥の正法寺。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

正法寺【しょうぼうじ】

岩手県奥州市水沢区にある曹洞宗の寺。1348年開創,開山は無底良韶(むていりょうしょう)。1350年崇光(すこう)天皇から〈奥羽二州僧録扶桑曹洞第三ノ本寺〉〈両国寺院出世道場〉とする綸旨(りんじ)を得て,永平(えいへい)寺総持(そうじ)寺と並ぶ東北地方における第三の本寺となった。盛時には末寺508ヵ寺〜1200ヵ寺とも。江戸期には本寺の格式を失い能登総持寺の末寺になった。
→関連項目水沢[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

正法寺

埼玉県東松山市にある寺院。718年創建真言宗智山派本尊は千手観世音菩薩。

正法寺

滋賀県大津市にある寺院。真言宗醍醐派。山号は岩間山。通称「岩間寺」。養老年間(717~724)の創建と伝わる。本尊は千手観音雷除けぼけ封じの寺として信仰を集める。西国三十三所第12番札所。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

しょうぼうじ【正法寺】

京都市東山区にある時宗の寺。山号、霊鷲山りようじゆぜん。延暦年間(782~806)最澄の創建。一四世紀後期、国阿が中興。
大津市石山の岩間寺いわまでらの正称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正法寺の関連情報