月泉良印(読み)げっせん りょういん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月泉良印 げっせん-りょういん

1319-1400 南北朝-室町時代の僧。
元応元年生まれ。曹洞(そうとう)宗。陸奥(むつ)本吉郡(宮城県),一説には能登(のと)(石川県)の人。能登総持寺の峨山韶碩(がさん-じょうせき)の法をつぐ。貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年出羽(でわ)秋田に補陀(ふだ)寺をひらく。康安元=正平16年師の命で陸奥黒石(岩手県)正法寺2世。在山39年におよび,おおくの弟子をそだてた。応永7年2月23日死去。82歳。俗姓は熊谷。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android