コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月泉良印 げっせん りょういん

1件 の用語解説(月泉良印の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月泉良印 げっせん-りょういん

1319-1400 南北朝-室町時代の僧。
元応元年生まれ。曹洞(そうとう)宗。陸奥(むつ)本吉郡(宮城県),一説には能登(のと)(石川県)の人。能登総持寺峨山韶碩(がさん-じょうせき)の法をつぐ。貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年出羽(でわ)秋田に補陀(ふだ)寺をひらく。康安元=正平16年師の命で陸奥黒石(岩手県)正法寺2世。在山39年におよび,おおくの弟子をそだてた。応永7年2月23日死去。82歳。俗姓は熊谷。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

月泉良印の関連キーワード元応早歌じん肺診断ウェンツェルドイツ美術ドミニカ移民訴訟新潟県中越沖地震ライター規制ドミニカ移民荏柄天神縁起

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone