コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差動変圧器 さどうへんあつきdifferential transformer

世界大百科事典 第2版の解説

さどうへんあつき【差動変圧器 differential transformer】

差動変圧器は変位を交流起電力に変換する可動鉄片型電磁誘導変換器で,一次コイル,2組の二次コイルおよび鉄心からなる。図は同軸型の差動変圧器で広く用いられている構造である。ボビンの中央を一次コイルLinとし,両側は二次コイルでそのL1,L2は互いに逆極性に接続する。一次コイルを一定交流電圧einで励磁すると,鉄心は磁化され,その交番磁束が二次コイルに交流電圧を誘起させる。その電圧は鉄心の相対位置によって決まり,鉄心がボビン中央にあれば両二次コイルに誘起される電圧e1,e2は等しく,差動接続により出力は0,鉄心がボビンの中央より右にあればコイルL1に誘起される電圧はコイルL2より大きくなり,鉄心が左によればこれと逆で,位相も180度かわっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

差動変圧器の関連キーワード電気マイクロメーター電気マイクロメータ膨張計伸び計

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android