コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市場型間接金融 しじょうがたかんせつきんゆう

2件 の用語解説(市場型間接金融の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

市場型間接金融

間接金融」と「直接金融」の中間に位置する融資形態。前者は、資金の所有者と、実際に融資を行なうものが異なる融資方法。例えば、銀行が、預金者の財産を自らの責任において、企業に融資することは間接金融である。一方、後者は、資金の所有者がそのまま融資を行なう融資方法である。例えば、会社が債券を発行し、直接、投資家から資金を調達する。「市場型間接金融」は両者のいずれの特徴も持ち、金融機関が企業に融資を行なう時点では間接金融であるが、市場型間接金においては、その後、金融機関が貸出によって生じた債権を、証券として投資家に販売するため、最終的には直接金融となる。金融機関にとっては、不良債権抱え込むリスクを投資家に転嫁できるメリットがあり、投資家にとっては、さまざまな企業への投資が一括された証券を購入することでリスクを分散できるというメリットがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しじょうがた‐かんせつきんゆう〔シヂヤウがた‐〕【市場型間接金融】

金融機関が仲介して広く投資家から資金を集め、企業に融資する仕組み。危険性を広く薄く負担することになる。協調融資資産担保証券の発行などの方法がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市場型間接金融の関連キーワード間接金融直接金融間接選挙協調融資銀行の株式保有制限間接中間演劇沼燭炭ミドルアンカー借入金融

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone