コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市場集計化戦略 しじょうしゅうけいかせんりゃくmarket aggregation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市場集計化戦略
しじょうしゅうけいかせんりゃく
market aggregation

市場を一つの全体として把握し,人々のニーズが異なっていることよりも,共通していることに注目するような戦略。したがって企業はできるかぎり幅広い消費者ニーズに適合するような製品をデザインし,マーケティング・プログラムを作成する。古くは自動車産業の初期に市場を席巻したT型フォード,あるいは 1960年代にコンピュータ業界のドミナント・デザインとなり,あらゆる計算ニーズにこたえようとした IBM360シリーズは,その代表的な成功例である。一製品・一市場体制を確立できれば,生産,在庫,輸送効率が飛躍的にアップすることは明らかである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

市場集計化戦略の関連キーワードドミナント

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android