コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川楮(かぞ)打ち唄

デジタル大辞泉プラスの解説

市川楮(かぞ)打ち唄

山梨県の民謡。西八代郡市川三郷町で紙漉きの際に歌われた労作唄。「かぞ」は和紙の原料となるコウゾがなまったもの。『市川の紙漉唄』とあわせ、「市川紙づくり唄」として同町の無形民俗文化財に指定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android