コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川白弦 いちかわ はくげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川白弦 いちかわ-はくげん

1902-1986 昭和時代の仏教学者。
明治35年2月28日生まれ。市川浩の父。生家は岐阜県和知村の臨済宗(りんざいしゅう)華蔵寺。昭和24年花園大教授。禅を社会倫理的に追究し,平和運動,反戦運動にもくわわった。昭和61年6月7日死去。84歳。臨済宗大(現花園大)卒。本名は利水(としみず)。著作に「禅と現代思想」「仏教者の戦争責任」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市川白弦の関連キーワード市川 白弦興禅護国論一休宗純沢庵宗彭昭和時代

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市川白弦の関連情報