コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市橋氏 いちはしうじ

世界大百科事典 第2版の解説

いちはしうじ【市橋氏】

近世大名。美濃国池田郡市橋郷に住する。織田,豊臣両氏に仕え,長勝は秀吉の下で1万石を領する。秀吉没後,徳川家康に属し,1608年(慶長13)伯耆矢橋2万1300石。のち越後三条4万1300石となるが,20年(元和6)長勝没後,無嗣により領地収公。ただし甥長政が名跡を継承。新たに近江仁正寺(のち西大路と改称)2万石を賦与される。のち3000石分知,以後幕末に至る。当主はおおむね従五位下下総守または伊豆守に叙任

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

市橋氏の関連キーワード仁正寺藩三条城伯耆国三条藩

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市橋氏の関連情報