コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市浦南竹 いちうら なんちく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市浦南竹 いちうら-なんちく

?-1785* 江戸時代中期の儒者。
市浦毅斎(きさい)の孫。備前岡山藩につかえ,河合専尭(もろたか)とともに学校奉行をつとめた。天明4年12月23日死去。名は直春。字(あざな)は子木。編著に「槎客萍水(さかくへいすい)集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市浦南竹の関連キーワード三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水鳥人幸吉加藤枝直グリム兄弟佐竹曙山

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone