長久保赤水(読み)ながくぼ・せきすい

朝日日本歴史人物事典「長久保赤水」の解説

長久保赤水

没年:享和1.7.23(1801.8.31)
生年:享保2.11.6(1717.12.8)
江戸中期の地図作者,農民出身の儒者。常陸国赤浜村(高萩市)生まれ。通称源五兵衛,名は玄珠,字は子玉,赤水は号。郷医鈴木松江,水戸藩名越南渓に漢学を学ぶ。安南(ベトナム)から帰国した近村の漂流民の身柄引き取りのため,庄屋代理として藩吏と共に赴いた明和4(1767)年の長崎への旅は,彼の著述意欲を大きく刺激した。『長崎行役日記』(1805),『安南漂流記』(写本),『清槎唱和集』(清国人との応酬漢詩集,1892)はその産物である。同5年の『改製日本扶桑分里図』は大坂で入手したらしい森幸安の経緯線記入日本図に基づいており,これを改訂した『改正日本輿地路程全図』は安永8(1779)年大坂の版元から出版された。刊本としては最初の経緯線記入日本図であり,幕末まで好評を博した。同6年郡奉行らの推薦により水戸藩主の侍講に任ぜられ江戸詰となった。寛政3(1791)年の退職後も江戸に留まって『大日本史地理志の執筆に没頭したが,明治39(1906)年完成の『大日本史』には赤水のではなく栗田寛 の稿(「国郡志」)が採用された。そのほか,後世への影響が大であった彼の作品には,『地球万国山海輿地全図説』(マテオ・リッチ系,1788頃),『唐土歴代州郡沿革地図』(彩色歴史地図帳の嚆失,1790)があり,刊本の著作には『天文管窺鈔』(1774),『大清広輿図』(1785),『東奥紀行』(1792)その他がある。<参考文献>杉田雨人『長久保赤水』,茨城県郷土文化研究会編『長久保赤水』

(海野一隆)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「長久保赤水」の解説

長久保赤水
ながくぼせきすい
(1717―1801)

江戸中期の地理学者。名は玄珠、字(あざな)は子玉、通称は源五兵衛。赤水は号。常陸(ひたち)国多賀郡赤浜村(茨城県高萩(たかはぎ)市)の農民の子に生まれたが、学問を好み励んだ。1765年(明和2)近郷出身で安南(ベトナム)漂流民の送還者を迎えに長崎へ赴き、『安南漂流記』『長崎紀行』を著し、地理学に傾注した。1774年(安永3)ほぼ日本の沿岸の実形に即した『日本輿地路程全図(にほんよちろていぜんず)』を作成。1777年水戸藩主の侍講に召され、『大日本史』地理志編纂(へんさん)に加わる。彼は修正に努めて『改正日本輿地路程全図』を1779年大坂で刊行、1785年(天明5)には世界図『地球万国山海輿地全図説』や中国図『大清(しん)広輿図』も刊行した。実測図ではないが、関連文献を深く検討した編著で、いずれも明治初年まで信頼されて版を重ね、広く流布した。

石山 洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「長久保赤水」の解説

長久保赤水 ながくぼ-せきすい

1717-1801 江戸時代中期-後期の地理学者。
享保(きょうほう)2年11月6日生まれ。名越南渓(なごえ-なんけい)らに師事する。安永8年(1779)日本最初の経緯度をいれた地図「改正日本輿地(よち)路程全図」を刊行。水戸藩主の侍講をつとめたあと「大日本史」地理志の編修にくわわる。享和元年7月23日死去。85歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。名は守道,玄珠(はるたか)。字(あざな)は子玉。通称は源五兵衛。著作に「東奥紀行」「安南国漂流記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「長久保赤水」の解説

長久保赤水【ながくぼせきすい】

水戸藩に仕えた地理学者。多賀郡赤浜村の人。名は玄珠(はるたか),字は子玉(しぎょく),通称は源五兵衛,赤水は号。初めて日本地図を経緯度の上に描いた《改正日本輿地路程全図》,漂流した船頭の話から書いた《安南国漂流記》,《奥紀行》などの著作がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「長久保赤水」の解説

ながくぼ‐せきすい【長久保赤水】

江戸中期の地理学者。常陸の人。名は玄珠、字は子玉、通称源五兵衛。宝暦一〇年(一七六〇)日本で最初に経緯度をほどこした日本地図「改正日本輿地路程全図」を作った。また、水戸の「大日本史」地理誌の編集に加わる。享保二~享和元年(一七一七‐一八〇一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「長久保赤水」の解説

ながくぼ‐せきすい【長久保赤水】

[1717~1801]江戸中期の地理学者。常陸ひたちの人。名は玄珠。水戸藩の侍講となり、「大日本史」地理志の編纂へんさんに加わる。「日本輿地路程全図」などの地図を作成した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典「長久保赤水」の解説

長久保赤水 (ながくぼせきすい)

生年月日:1717年11月6日
江戸時代中期;後期の地図作者
1801年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典 第2版「長久保赤水」の解説

ながくぼせきすい【長久保赤水】

1717‐1801(享保2‐享和1)
江戸後期の地理学者。名は玄珠,字は子玉,通称は源五兵衛。赤水は号。常陸国赤浜村の人。経史詩文に通じたが,地理に最も精通し,召されて水戸藩主の侍読となり,《大日本史》の地理志編集にも関与した。彼が刊行した地図の種類の豊富さおよび後世への影響の大きさは,江戸時代でも例が少ない。おもな作品としては,森幸安の図の模倣ながら刊行図として初めて経緯線を記入した《改正日本輿地路程全図》(1779)をはじめ,清の康熙年間に成った洋式中国全図(《皇輿全覧図》)を利用した江戸時代最大の刊行中国図《大清広輿図》(1785),東洋ではおそらく山河,境域に着彩した最初の歴史地図帳《唐土歴代州郡沿革地図》(1790),直接には原目貞清の図(1720)を改訂したマテオ・リッチ卵形世界図《地球万国山海輿地全図説》(1788ごろ),1785‐86年(天明5‐6)の幕府第1次蝦夷地調査隊作成図による《蝦夷松前図》(1795ごろ)を挙げることができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の長久保赤水の言及

【高萩[市]】より

…ほかにコンニャク栽培が盛ん。南の多賀郡十王町にまたがって国際電信電話会社茨城衛星通信所があり,赤浜には《改正日本輿地路全図》などを著した江戸後期の地理学者長久保赤水の旧宅がある。【中川 浩一】。…

※「長久保赤水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android