コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝王図 ていおうずdì wáng tú

世界大百科事典 第2版の解説

ていおうず【帝王図 dì wáng tú】

中国絵画の勧戒画の中心となる主題。歴代の帝王を選択的にかくもの,ある王朝の皇帝すべてを包含するもの,さらには各朝各代の皇帝の独立した肖像画など,種々の作例がある。前漢昭帝から隋煬帝(ようだい)まで13人の帝王をかいた伝閻立本《帝王図巻》(ボストン美術館)は第1の,清朝内府に収蔵されていた《南薫殿図像》(台北故宮博物院)のうち《宋代帝半身像冊》は第2の,都合11幅を数える《明太祖像》は第3のものの例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報