コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧戒画 かんかいが

百科事典マイペディアの解説

勧戒画【かんかいが】

儒教倫理に基づき,勧善戒悪を目的とする絵画。儒教の盛んな漢代に盛行し,忠臣,孝子,賢王,貞女などが描かれ,魏・晋以後経書に取材した絵も出現。のち仏教思想とも結合した。
→関連項目閻立本

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんかいが【勧戒画】

中国の絵画で,儒教道徳の立場から善を勧め,悪を戒める目的で制作された絵画をいう。主題は伝説あるいは歴史上の聖人,賢人,名君,名臣,烈士,貞女および暗君,逆臣,淫婦などである。儒教の盛んであった漢代に多く描かれ,以後,中国ではながい伝統となった。絵画を教化の一手段とするものであるから,本来,公的な性格が強く,宗教的主題の道釈画に隣し,鑑賞性の高い山水画や花鳥画とは対照的なジャンルである。【戸田 禎佑】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の勧戒画の言及

【肖像】より

…彫像は実存在であるから現実空間に固定せざるをえず,礼拝対象とはなりえても,日常性の表現には,肖像画がより内的な表現を可能にしたのである。中国の肖像画は,勧戒画(かんかいが)もしくは聖賢像(せいけんぞう)として成立した。そこでは像主との相似性(肖似性)が当然要求されたが,たんなる外見上の相似にとどまらず,内面的な全人格,境涯の表出も不可欠であった。…

【帝王図】より

…中国絵画の勧戒画の中心となる主題。歴代の帝王を選択的にかくもの,ある王朝の皇帝すべてを包含するもの,さらには各朝各代の皇帝の独立した肖像画など,種々の作例がある。…

※「勧戒画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勧戒画の関連キーワード顧【がい】之狩野派帝王図

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android