師弟は三世(読み)していはさんぜ

精選版 日本国語大辞典「師弟は三世」の解説

してい【師弟】 は 三世(さんぜ)

師弟前世現世来世にわたる深い因縁でつながっているということをいう。師は三世の契り。
※義経記(室町中か)六「していは三世の契(ちぎり)と申候へば、来世にて必ず参会し奉り候べし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「師弟は三世」の解説

師弟(してい)は三世(さんぜ)

師弟の縁は前世・現世・来世の3世につながる深い因縁で結ばれている

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android