師弟は三世(読み)シテイハサンゼ

  • してい
  • は 三世(さんぜ)
  • 師弟
  • 師弟(してい)は三世(さんぜ)

大辞林 第三版の解説

師弟の間は前世・現世・後世の三世にわたる深い因縁でつながっている意。 -の契りと申し候へば、来世にて必ず参会し奉り候ふべし/義経記 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

師弟の縁は前世、現世、来世にわたる深い因縁でつながっているということをいう。師は三世の契り。
※義経記(室町中か)六「していは三世の契(ちぎり)と申候へば、来世にて必ず参会し奉り候べし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android