師弟は三世(読み)シテイハサンゼ

大辞林 第三版の解説

していはさんぜ【師弟は三世】

師弟の間は前世・現世・後世の三世にわたる深い因縁でつながっている意。 「 -の契りと申し候へば、来世にて必ず参会し奉り候ふべし/義経記 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

してい【師弟】 は 三世(さんぜ)

師弟の縁は前世、現世、来世にわたる深い因縁でつながっているということをいう。師は三世契り
義経記(室町中か)六「していは三世の契(ちぎり)と申候へば、来世にて必ず参会し奉り候べし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android