コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前世 サキセ

デジタル大辞泉の解説

さき‐せ【前世】

ぜんせ(前世)」に同じ。
「何様(どう)いふ―の因縁だか判次郎を恋慕ひ」〈人・梅美婦禰・五〉

ぜん‐せ【前世】

《古くは「ぜんぜ」》この世に生まれ出る以前の世。さきの世。仏教では三世の一。過去世。ぜんせい。→現世来世

ぜん‐せい【前世】

ぜんせ(前世)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さきせ【前世】

ぜんせ(前世) 」に同じ。 「是も-の因果かや/浄瑠璃・万年草

ぜんせ【前世】

〔古くは「ぜんぜ」〕
( 名 )
〘仏〙 三世の一。この世に生まれてくる前の世。過去世。 「 -の因縁」 → 現世後世
( 副 )
(下に打ち消しの語を伴って)今まで一度も。全く。 「 -下された事はなけれども/狂言六義・松楪」

ぜんせい【前世】

むかし。いにしえ。 → ぜんせ(前世)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

前世の関連キーワード師弟は三世生得の報い雪山成道隔生即忘宿執開発業を曝す他生の縁いにしえ万年草過現未因果人宿命宿業業果前縁宿根前生業病宿縁宿世

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前世の関連情報