前世(読み)サキセ

デジタル大辞泉の解説

さき‐せ【前世】

ぜんせ(前世)」に同じ。
「何様(どう)いふ―の因縁だか判次郎を恋慕ひ」〈人・梅美婦禰・五〉

ぜん‐せ【前世】

《古くは「ぜんぜ」》この世に生まれ出る以前の世。さきの世。仏教では三世の一。過去世ぜんせい。→現世来世

ぜん‐せい【前世】

ぜんせ(前世)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐せい【前世】

〘名〙
① むかし。いにしえ。前代。
※随筆・秉燭譚(1729)一「本朝にて前世は専用られたる書と見えたり」 〔漢書‐匈奴伝・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報