コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

師資相承 シシソウショウ

デジタル大辞泉の解説

しし‐そうしょう〔‐サウシヨウ〕【師資相承】

《「ししそうじょう」とも》から弟子へと法・道を伝えていくこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ししそうしょう【師資相承】

( 名 ) スル
師から弟子へと道を次第に伝えていくこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

師資相承
ししそうじょう

相承」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の師資相承の言及

【相承】より

…相互に継承する意。師資相承ともいう。仏陀の滅後,特定の弟子に教法や戒律を伝えたのに始まり,中国で宗派が成立すると,各派それぞれに列祖の相承を説くようになる。…

※「師資相承」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

師資相承の関連キーワードジュナイド綾小路敦有禅宗美術朱子学派藤原長能禅宗建築祖師禅俱舎宗カバラ系図禅宗密教頂相血脈

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android