相承(読み)そうじょう

  • そうしょう サウ‥
  • そうしょう〔サウ〕
  • そうじょう〔サウ〕
  • 相▽承
  • 相承 xiāng chéng

世界大百科事典 第2版の解説

仏教の用語。弟子がより正法をうけ,さらにこれを後につづく弟子に伝えること。相互に継承する。師資相承ともいう。仏陀の滅後,特定の弟子に教法や戒律を伝えたのに始まり,中国で宗派が成立すると,各派それぞれに列祖の相承を説くようになる。天台の金口,今師,九師の三種相承は,その代表であり,経典によらないは,西天二十八祖と唐土の六祖を立て,相承の物証として,衣や伝授を主張するが,別に真理の言葉としての伝法偈や,正法眼蔵の相承を説いて,伝灯血脈,または逓代伝法とよぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (古くは「そうじょう」) 次々に受け継いでゆくこと。弟子が師から、子が親から学問、法、技芸などを受け継ぐこと。
※色葉字類抄(1177‐81)「相承 サウジョウ」
※高野本平家(13C前)二「年来御心中に秘せられたりし一心三観の血脉相承(サウジョウ)をさづけらる」 〔易経‐帰妹卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の相承の言及

【伝法】より

…浄土宗ではこれに加行を課する。天台宗では最澄の《内証仏法相承血脈(そうじようけちみやく)譜》があって,相承(そうじよう)と呼んでいるが,いずれも伝法には血脈(けちみやく)がつくのが仏教伝法の特色である。これは現在の伝法が教主釈尊,または各宗祖師から,血統のごとくに相続されてきたものを伝えるのだという意識を表明するからである。…

※「相承」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相承の関連情報