コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣鉢 いはつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衣鉢
いはつ

仏教の修行者の重要な持物で,3種類の袈裟と,托に用いる鉢のこと。特に禅宗では,師僧弟子に最も深い真理を伝達することを「鉢を伝える」などと称する。えはつ,えはちとも読む。 (→三衣一鉢 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

い‐はつ【衣鉢】

僧侶が身にまとう三衣(さんえ)(3種の袈裟(けさ))と一つの鉢。えはつ。えはち。
禅宗で、法を伝える証拠として授ける袈裟と鉢。また、禅僧が師と仰ぐ僧から伝えられる奥義。えはつ。えはち。
広く宗教・学問・芸術などで、師から弟子に授けられる奥義。えはつ。えはち。「衣鉢を継ぐ」
[補説]2は、禅宗の始祖達磨(だるま)が弟子の慧可(えか)正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)を伝授したとき、伝法の証として袈裟および施しを受けるための鉄鉢を授けたとの故事に由来する。

え‐はつ【衣鉢】

いはつ(衣鉢)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いはつ【衣鉢】

仏道修行者の衣服と食器。〈えはつ〉〈えほ〉ともいう。日常最小限の道具,所持品の意より,師が弟子に許す正法,もしくは悟りをあらわす物証となる。日本で,茶道その他の諸芸の奥義を意味するのは,その転化である。インド仏教戒律で,僧伽梨衣(普段着),鬱多羅僧(上衣),安陀衣(下着)という3種の袈裟(けさ)と,一つの鉢多羅,すなわち鉢盂(はつう)を所持することを認めたのが原義で,中国の禅宗では,五祖の法をつぐ神秀(じんしゆう)と慧能(えのう)がその衣鉢を争ったとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いはつ【衣鉢】

〔「えはつ」 「えはち」とも〕
袈裟けさと、托鉢たくはつを受ける鉢。修行者の常に携えるべきもの。三衣一鉢。
〔禅宗で、法統を継ぐ者に師僧から三衣と一鉢を授けることから〕 教法。奥義。
学問・芸術などで、師から弟子に伝えるその道の奥義。また、一般に、先人から受け伝えたもの。 「 -を継ぐ」 「 -を伝える」

えはつ【衣鉢】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の衣鉢の言及

【衣鉢】より

…日本で,茶道その他の諸芸の奥義を意味するのは,その転化である。インド仏教の戒律で,僧伽梨衣(普段着),鬱多羅僧(上衣),安陀衣(下着)という3種の袈裟(けさ)と,一つの鉢多羅,すなわち鉢盂(はつう)を所持することを認めたのが原義で,中国の禅宗では,五祖の法をつぐ神秀(じんしゆう)と慧能(えのう)がその衣鉢を争ったとされる。【柳田 聖山】。…

【衣鉢】より

…日本で,茶道その他の諸芸の奥義を意味するのは,その転化である。インド仏教の戒律で,僧伽梨衣(普段着),鬱多羅僧(上衣),安陀衣(下着)という3種の袈裟(けさ)と,一つの鉢多羅,すなわち鉢盂(はつう)を所持することを認めたのが原義で,中国の禅宗では,五祖の法をつぐ神秀(じんしゆう)と慧能(えのう)がその衣鉢を争ったとされる。【柳田 聖山】。…

※「衣鉢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

衣鉢の関連キーワード以・伊・位・依・偉・医・唯・囲・圍・夷・委・威・尉・已・帷・彙・怡・意・慰・易・椅・為・爲・畏・異・移・維・緯・縊・胃・萎・蝟・衣・違・遺・醫クラーク(John Maurice Clark)K.C. バッタチャリヤファン・アイク(兄弟)ホトトギス(俳句雑誌)スティーブ エリクソンジョン・M. クラークストルガツキー(兄弟)キャンベル・バナマンレイ ブラッドベリ尾上菊五郎(3代)衣鉢(いはつ)衣鉢(えはつ)パルティンドブラッドベリ小林 千代子河野多恵子林家 彦六小池真理子衣鉢を継ぐ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衣鉢の関連情報