コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯系 たいけいband system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帯系
たいけい
band system

分子スペクトルのうちで電子状態の変化によって生じる吸収スペクトル (電子帯スペクトル ) は,1つの電子状態の変化 (電子遷移という) に対しては1本の吸収線しか現れないはずである。しかし電子状態が変れば,その分子を構成する原子核振動の状態も変るはずであり,したがって吸収線も1本だけではなく各種の振動に対応した多数の吸収線が現れる。このように電子状態の変化は同じで,振動状態の変化が異なるスペクトル線集りを帯系という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

帯系の関連キーワード自由同盟[ポーランド]ヒイロタケ(緋色茸)陸中海岸国立公園ヒゲナガゾウムシ壱岐対馬国定公園ハンナ スホツカユーゴスラビア分子スペクトルツノホコリカビハナシュクシャカワラガレイキントラノオエルニーニョオオイソバナハッタミミズジョウゴグモカヤシマグモタマミジンコヒイロタケ沖縄(県)

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帯系の関連情報